相模原市認定保育室

保育方針

小さな保育室ならではの園児全員に目の届く環境の中で、一人ひとりにじっくりと向き合い、全ての園児が全ての職員と信頼関係を築けるような保育を心がけています。

パパやママがまだ子どもだった頃、家の前や公園で遊んでいれば、約束をしていなくても近所の子どもが集まってきて、自然と子どもの輪ができましたよね。隣りのお兄ちゃんやその妹、幼馴染の同級生など年齢は様々で、みんなで遊ぶことで自然と「子ども社会」のルールを身に付けられたことと思います。

しかし今の子ども達には、子ども達だけで遊ぶことのできる環境がとても少なくなってきました。私たちの保育室は、そんな環境を与えられる場です。「近所の子ども社会」の中で、自然に異年齢児と触れ合える場です。年少児は年長児への憧れによって成長が促され、年長児は年少児との関わりによって思いやりの心が育まれます。

私たち保育士は、そうした子ども同士の関わりに過剰な干渉はせず、自分の気持ち、相手の気持ちを大切にする心を育てていきたいと思います。

 

「わくわく保育室」の日々の保育では、午前中に外遊び、午後に設定保育(子どもの月齢に応じた発達を促す活動)の時間を設けています。

ひよこの遠足 063-2子ども達の溢れんばかりのエネルギーの発散と気分転換のため、また季節の移り変わりを肌で感じるため、外遊びはとても大切です。

境川沿いの遊歩道を遠くまで歩いてみたり、林の中でドングリを拾ってみたり、児童館や図書館へ出かけてみたり、探してみると意外とたくさんあるあちこちの公園で体を動かしたり、雨さえ降らなければ毎日外遊びに出ます。

ツリー製作 002-2設定保育の時間では、お絵描きや工作を通してクレヨン、鉛筆、はさみやのりの使い方を身に付けたり、数やひらがなの勉強などにも取り組んでいます。

子ども達の関心の高さや集中力を見極めながら、無理なく楽しく成長できるよう心掛けています。

 

 

お子様一人ひとりの成長を 保護者の皆様と共に喜び合えますことを 職員一同心より願っております。

PAGETOP
Copyright © わくわく保育室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.